メタルバンドRYSM、メタルバンドURGEのブログ

メタルバンド『URGE』と メタルバンド『RYSM』 活動の記録

2011年04月

RAYです。
 
今日、ロイヤルウェディングがニュースになっていましたが
RAYは、会社の後輩の結婚式に、朝名古屋から新幹線に乗って
岡山まで行ってきました。
 
この後輩のカップルは、URGEが赤坂BLITZで2年前演った
まだ会社へ入社まもなかったにも関わらず、会社を休んで
URGEのために駆けつけてくれた、ありがたいカップルで
今日めでたくゴールインしてくれて、本当に嬉しい限りです。
イメージ 1
今日の結婚式で、RAYは乾杯の大役を勤めましたが
主賓が遅刻してきたので、披露宴開始早々に
会場がまだ緊張感に包まれた中で、いきなり乾杯
の音頭をしなくてはならずで、とっても緊張しました。
 
今日の夜は、URGE練習です。
スティーブの改造ベースにマイケルのNEWギター見れるかな?

RAYです。
 
見つけた、ヤングギター20108月号に
GALNERYUSのギターSYUさんの特集載ってました。
 
早速、BURN MY HEARTのフレーズを探しました。
イントロの途中までと、ギーソロ後半2ヶ所
しかありませんでした。
イメージ 1
でも、後は耳コピで、なんとかギーソロ前半までは
なんとなく弾ける様になりました。
でも、流石に、難しい。。。。
 
Burn My Heart ネタその2
 
Burn My Heart ネタその1
 

すてぃ~ぶです。
 
プレベ、二十数年ぶりのパーツ交換、
ピックアップ交換の続き
 
イメージ 1
 

通常、アクティブのピックアップだと、電池交換の為に、
ボディ裏側に専用の電池ボックスがあったりするんですけど、
このプレベは、表側から電池交換する様にしてました。
(ボディを削るのが嫌だったんで・・・)
 
なので、電池交換は、
ピックガードを止めているネジを1/3ぐらい外して、
ピックガードを無理矢理? 曲げて開けて・・・
って作業になるんですけど、
何回もネジの付け外しを繰り返しているうちに、
ボディのネジ孔がバカになりかけてきてて・・・
 
元々、ピックガードの縮み? で、
ボディの孔ピッチと合わなくなっており、
ずれてる孔に、ネジを斜めにねじ込むという、
無理矢理な取り付けになってるんで、
もう、ネジの付け外しは最小限にしたいなと・・・
 
で、電池交換の無いパッシブに戻そうと思った訳で・・・
 
ま、どうせなら、純正に戻すのではなく、
違うピックアップを試してみようと
 
あ、まだ、大音量で鳴らしてないんですよ。
 
一番重要な音質どう変わったか?
アンサンブル的にどう変わるのか??
 
今度のバンド練習が楽しみです

すてぃ~ぶです。
 
メインで使っているプレベですが、
最近、二十数年ぶりにパーツ交換しました
 
まず、ピックアップ!
 
純正の物から、EMGに付け替えて
ず~~ っと、使ってましたが、
今回、セイモア・ダンカンに
 
SPB-3 Quarter-Pound 
イメージ 1
 

アクティブからパッシブに戻しました
 
分りやすく言うと、
「プリアンプ・電池搭載」から「無し」へ・・・
 
このピックアップは、
名前の通り、大型の1/4インチのポールピース
が用いられており、パワーがあるとの事です
(あくまでも、パッシブでの話しだと思いますが・・・)
 
あ、ちなみに、スティーブ・リス師匠は、
同じくセイモア・ダンカンの
SPB-1 Vintage
を使用されているそうです
 
つづく

RAYです。
 
前回、最近のヘドバンでALDIOUSの講義を紹介しましたが
 
80年代育ちの世代にとっては
ヘドバンはこんな、縦振りでした。
名古屋地区代表メタルバンド sniper open the attack
観客の激しいヘドバン
 

↑このページのトップヘ